桃瀬美咲ちゃんCDデビュー国民投票開催中です!!

 2009年5月号からスタートした、ホリプロ・桃瀬美咲ちゃんの連載「スーパーアイドルへの道」。「アイドル選手権Push★1」の初代王者に輝いたことがきっかけで、先輩・東亜優ちゃんの高校卒業を機に交代で始まった連載が、たぶん、今、(推定)第一期のヤマ場を迎えています。
 待望の写真集とDVDが発売になるので、「やっぱりPush★1プロデューサーの秋元康さんに見ていただかないと!」と2カ月越しくらいでお願いをして時間を頂いたのがすべての始まりでした。

 「1000人投票が集まったら僕のプロデュースでCDを出しましょう」

 秋元さんにこう提案いただいて、飛びつかない手はないですからね。
 投票は10月31日24:00まで受け付けています。
 もちろん!1人何回でもOK!!
 みんなの応援で美咲ちゃんのCDデビューを実現してください!!!
 以下は、投票の要項です。

メールの件名に「桃瀬美咲CDデビュー大賛成」、
本文に(1)氏名 (2)年齢 (3)職業(学年) (4)美咲ちゃんへのメッセージ 
を書いて oubo@byakuya-net.co.jp までメールしてください!! 

(担当者)

ちなみに、連載では毎月、鬼レアなサイン入りポラロイドもプレゼントしているので、そちらにも応募してくださいね!!

【お詫び】誌面に掲載のアドレスに誤りがありました。正確なアドレスは上記になります。お詫びして訂正させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜な夜な

皆さんは“夜な夜な”してしまうことってありますか?
私は見飽きて買いたくなくなるまで
ネットショッピングのサイトを見てしまうことがあります。

お話の世界には
夜な夜なペンギンの着ぐるみのようなコートを着て
街を歩き回る女の子がいるそうで、
そんなアニメーション映画「よなよなペンギン」の製作発表に行ってきました!
日本とフランスの合作ということにちなみ、
フランス映画について聞かれた
爆笑問題の太田さん(=「よなよな〜」の声優を担当してるのです)は
「『天井桟敷の人々』はお笑いを目指す一端になった作品」
と話してました。
芸人を目指している方は、チェックしてみたら
太田さんのセンスの源がかいま見れるかも!?

217t35rb6vl_sl500_aa140__2
「天井桟敷の人々」

ちなみ私のオススメフランス映画は、
明るい気持ちになりたいなら

514mg72yc1l_sl500_aa240_
「メルシィ!人生」

疾走する愛と孤独に胸を痛くしたいなら

51t8wicsxcl_sl500_aa240_
「汚れた血」

って感じです。
ぜひ夏休みに、“夜な夜な”見てみてください!

ウナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月号、発売になりました!

わー、1カ月もたってしまっていたのですね。
とても、たいへん、申し訳ありませんでした。

7月号、発売になりました。
GW明けてからもあれこれいろんな話が来たので、
ぎりぎりまで作業になってました。

編集後記にも書いてますが、
今月はアイドル系&アイドルユニット系の情報がわりと多い気がしました。
そんな時代になってるのかもしれません。
まあ、AKB48がブレイクしてるのが大きいのかもしれないんですけど。

早い話だと、7月の中旬からは活動ができちゃうのもあります。
あ、それは締切が6月15日必着だった。

ホリプロタレントスカウトキャラバンは7月から全国審査なので、
やっぱりホリプロ!と思う人は受けてほしいと思うんですけど、
相性とかタイミングとかはやっぱりあるので、
もしかして、これ?
と思ったら、とりあえず受けてみていいんじゃないかと思っています。

というわけで、
アイドルになりたかった子、うちの子をアイドルにしたいおとうさん&おかあさん&おねえさん&おにいさんとかおばあちゃんとか、
ぜひぜひ書店で本誌をご覧くださいね。
(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月号は2月28日発売!

0904coverというわけで、明日、28日に4月号(a.k.a.12周年記念号)が発売になります。

表紙は「ハルフウェイ」に続いて主演映画「ホノカアボーイ」(あ、試写でつい涙が)が公開になる岡田将生くん。

特集は、年に2回の大特集の1回目、「春の特別オーディション」です!
今回は合計107社に参加いただきました!

今となっては吉田里琴ちゃんの取材で湾岸スタジオで3時間待ったり、東亜優ちゃんの連載最終回の取材があまり特別感なく終わってしまったことも、最後の作業をしていた4日くらい、毎朝、「●クセルシールカフェ」でモーニングを食べて、仮眠をとっていたのもいい思い出。
でも12年、毎月つくってたはずなんだけど、思い出せない時があるのはなぜなんでしょう・・・・・・。

とにかく、いっぱいチャンスも情報も詰まっているので、ぜひ、本屋さんで手に取って、そのままレジに向かってください!

よろしくお願いします。

あ、担当記事的には秦建日子さんのワークショップにたくさん応募してもらえたら、というのもありました。。
(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご冥福をお祈りします。

Photo 今朝、家でパソコンを立ち上げて、ニュース記事一覧で見て、
さすがに驚いてしまったのですが、

映画監督の林田賢太さんがお亡くなりになりました。

32歳だそうなので、自分より11歳も若いのですが。

実は、公開中の映画「ブリュレ」のオーディション記事を、
「Audition」の2003年12月号で掲載していて、
──今、見ると、何の工夫もない、ひどくベタな記事ですけど(あ、でも自分で作ったのではなかったはず。そして作った編集部員もすでに編集部を離れてたりしますが)、
この記事がきっかけで主演の中村美香さん・梨香さんのお2人が女優デビューしているのでした。

募集記事の元になった映画の企画書は、パソコンに残っていて、
劇場公開が決まって「実はあの記事で2人がオーディションで決まって……」という連絡を頂いて、
10月号でお2人に誌面に登場いただいたんですけれども。

そうしたら、林田監督が、ワークショップの企画でもう4年くらいお付き合いさせていただいている、脚本家の秦建日子さんの事務所「M.A.Field」で今は活動中ということも分かったりして、なんとも不思議な巡り合わせというかつながったりするんだなあ、
などと思ったりもしておりました。

って個人的には、間接的にしか存じていないのですが、
公開初日、出足絶好調というファクスも来ていて、
試写に行きそびれたから、
レイトショーだし近いうちに行こうと思っていたら、
訃報に接してしまって……。

ご冥福をお祈りします。

東京以外でもきっと上映されると思いますので、機会があったらぜひ劇場に足を運んでください。
私も上映期間中に拝見しに行きます。
(高橋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あったら着る人?

02_  読者出身・ホリプロの東亜優ちゃんの連載企画で、今月は、公開間近の「ハンサム★スーツ」を見ました。都内だと山手線だったか知らん、「洋服の青山」の車両広告が出ていたりして、かなり宣伝されているので、「ああ、ブサイクがイケメンになる映画?」となんとなく頭にインプットされてる人もいるかと思うのですが──、
 正確には「イケメン」と「ハンサム」は違うそうです(と、資料に書いてありました)。平たく言うと、「ハンサム」は先天的、「イケメン」は後天的ってところでしょうか。

 お話は、ハンサムじゃない定食屋の人(塚地さん=ドランクドラゴン)、「洋服の青山」の試作品「ハンサム★スーツ」を着てハンサム(谷原章介さん)になっていろんなおいしい目に遭って……という映画で、分かりやすくて面白くて、でもちょっといろいろ思ったりする……という──そーそーそーそー、エンターテイメント作品でした。
 で、見終わって原稿にするために、亜優ちゃんにいろいろ感想を聞いたりしたのですが、まあ、どうしても、今回は、「あったら着るか」という話にならないわけはなく(詳細は誌面で読んでくださいね)。

 話をしていて、「ハンサム★スーツ」はスーツという形で見えやすくなっているけど、ちょっと考えると、
・整形
・性格を変える
といったところにリンクするのかと思い至り、記事には書かないけど、さあ、自分はどうかと思ったら、

あったら着る(脱がなくてもいいかも)

というところに落ち着きました。
でも、もしかしたら、意外にひっかかるのが、外見よりも<名前>かもしれないと思いました(映画では当然、ハンサムになると名前も変わります)。
実際、現実では整形も人格改造もしてないので、手軽にできなかったらやらない、ってことのような気もしますが──。

「ハンサム★スーツ」は週末11月1日(土)からロードショー(確か1日は映画の日だから全国的に1000円で見られるはず)です。ぜひ!
(43歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チケット好評発売中!

Photo前回の更新から間が空いてしまいました。ごめんなさい。
やっぱ「特別オーディション」号は大変、というわけで、1週間ほど家に帰り損ねて最後は作業していたのですが、そんな間に、本誌で毎年「特待生」を含めて受講者を募集している、作家/脚本家/演出家の秦 建日子さん主催の俳優育成ワークショップ「TAKE1」の卒業公演があと2週間足らずに迫ってました!

以下、秦さんのブログ告知ページから引用させていただきます──

タクラマカン(演劇ワークショップTAKE1 五期生卒業公演)

【ストーリー】
海の向こうのユートピア「あの国」へ渡ることを夢見ながら日々、「この国」の貧困で過酷な日々と戦い続けている若者たちの青春を笑いと涙とアクションで綴る、秦建日子の舞台最高傑作!
大幅改稿を経て、更なる高みへ! 
何が彼らを「犯罪者」にしてしまったのか?
無謀な銀行強盗の末、四方を軍隊に囲まれてしまった彼らの運命は?

【キャスト】
※左がAキャスト、右がBキャストです。
ケイ  佐久間麻由  新井みずか
カラス  沖本健吾  長野耕士
ハヅキ  浦崎鈴子  吉川麻美
リク  西野誠  木村庄司
ネズミ  萬津綾  小林寿美子
ハルキ  山口龍人  徳城慶太
ヤン  松下さら  吉田萌美
ババア  豊里歩美  竹村千穂
シラタキ  島田友美子  秋山恵

ツキノ  工藤里紗  石上智恵
コジマ  小門真也  飯田和広
イェントゥ  清水愛  青木愛
クム  木村正和  北村智晃☆
ケム  江原百合☆  義達祐未
コム  林大幹  前田華織
ドットコム  岡部雅子  伊藤ゆう
パク@平日  林杏
パク@土日  上野栞

西町チーム(ダブル無し)
西町・リーダー  林杏
チンピラ1  斉藤新平
チンピラ2  佐藤潤
チンピラ3  戸張陽子
チンピラ4  高須和彦

シラタキに絡む町の人(ダブル無し)
男1  斉藤新平
男2  佐藤潤
女1  林杏
女2  戸張陽子
女3  市川真由子
女4  河野ひかる
男3(ダブル)  北村智晃  林大幹
男4  高須和彦

審判  木村正和  佐藤潤
兵士  湯本紗季

【スケジュール】
2008年3月12日(水)〜3月16日(日)

        3/12        3/13        3/14        3/15        3/16
13:00〜                                                          A
14:00〜              B☆                         B    
18:00〜                                                          B
19:00〜    A        B             A             A

【会場】
大塚・萬(よろず)スタジオ
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-32-22
TEL 03-5394-6901
アクセス
1)JR山手線 大塚駅北口下車徒歩4分
2)都電巣鴨 新田駅下車徒歩3分

【チケット】
料金:前売り¥2500- / 当日¥3000-  全席自由
※13日☆(14時〜)は公開リハーサル。1500円で観覧できます。

予約は
専用メールアドレス

件名=「タクラマカン」
本文=名前・日時・枚数・住所・電話番号
を明記して送信(折り返し確認メールが入ります)。
または
専用携帯: 080-6652-9149(平日11:00〜18:00)
まで、です。

キャストはまだ変動があるみたいなのですが、何気にすでにいろいろ活動しているタレントさんもいたりして(同姓同名別人じゃないです)。
それはともかく1年間、「演じる」ことを追求してきた……下は10代後半から上は30代まで、みんなの激闘というか、格闘の結果を、見てください!
当たり前ですけど、俳優・女優になりたい方にはとても勉強になるはずです。
もちろん、私もどこかで見に行く予定なんですけど。
(ニワトリQ)

あ、稽古場の模様はこちらから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディション対策になるかも!?

3月1日発売の「Audition」は
毎年恒例の春の特別オーディション!
今回も100社以上の新人募集情報が載りますので
みなさん、楽しみにしていてくださいね。
これから校了まで、ノンストップ編集中です。

オーディションといえば、
自分自身をPRする場ですが、
自分らしさって何だろう?と悩んでる方も
多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが
東京国立近代美術館で開催中の
「わたしいまめまいしたわ」展です。(回文ステキ!)
変わらない自分って?、アイデンティティって?
ということをテーマにして
絵や彫刻やアニメーションなど
いろんな方向からアプローチした展覧会になってます。
服装やメイク、髪型を変えた400通りの自分の証明写真を
壁一面にならべた作品や
「God Bless America」を歌い続ける粘度のバカでかい固まりと格闘する
アニメーションなどとても面白かったです。

確実な答えが出るわけでは決してありませんが、
考える一端になるはずだと思います。
3月9日まで開催中なので、
お暇があったらぜひ。

ウナ子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャーマン+雨

クリスマスですよ、今日は♪ でも「メリークリスマス」とは死んでも言いたくない
さとうです。

先日スゴイ(?)映画を観ました。「ジャーマン+雨」(渋谷・ユーロスペースで
レイトショー中)という日本映画です。横浜聡子さんという女性が監督です。

なぜ観たかというとこの映画のふれこみが……
「ゴリラ顔、強引、わがまま、天涯孤独。林よし子、16才」。
これだけでもインパクト大&観たい度一気に上がります。
このよし子が、とにかくパワフルなんですよ。見習いたいエゴイスト!
そんで自分を笑い飛ばせるとこがパンクでカッコいい! 
でもゴリラ顔かどうかは各自でご判断を。

東京のしかもレイトショーの映画でゴメンナサイ……。
でも全国で順次公開なので機会のある方はぜひ観てみて下さいね☆(さとう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うた魂♪♪♪

来年春公開の映画「うた魂(たま)♪」見てきました!
合唱をテーマにした青春映画なのですが、
実はこの作品に「Audition」もちょっとだけ関わっているんです。

合唱部員役の子たちを「Audition」限定で募集

その合格者の方たちが月替わりで撮影現場の報告コラムを連載
というプチつながり。
そして、その2つとも自分が担当した(している)ということもあって
勝手な親近感をいだきつついざ鑑賞。

たくさん練習しているとは聞いてましたが
合唱が本当に上手い!!
テンポのいいストーリーの間に、本格的な歌声が入って
面白さとか軽妙さの中にも説得力がある作品になってました。
しかも、合唱シーンではオーディションでキャスティングされた子たちが
割としっかり映っていたので、
親戚でもないのに「わー映ってる!!」と心躍ってしまいました。

青春映画って久しぶりに見たのですが
素直に「夢中になって頑張るっていいなー」って思わされますね。
わたしも“真剣10代”になっちゃおっかな、なんて。
(真剣10代の種明かしは、映画をご覧になってくださいませ)

P.N. うな

| | コメント (0) | トラックバック (0)