« Audition7月号P38 お詫びと訂正 | トップページ | ダリアwith……! »

鮎川誠さんにお会いしました

Jaji もちろん取材で、ですけど。

取材というのは、進行中の8月号の「匠」のページで。
7月に主演映画「ジャージの二人」が公開になるので、
もしかしたら……
とお願いしたところ、ご快諾いただいたというわけですが。

「Audition」読者の皆さんだと、
なんのひと?
日テレゴーゴーのおじさん?
と思うかもしれないですけど、
バンド演奏でお金をもらったのが1970年からというお話だったので、
レコード(当然、CDが生まれる前から活動されてたので)デビューは1975年ですけど、実質38年くらい(!)音楽活動を続けているギタリスト/ロックンローラーの方です。

個人的には、YMO世代なので、
YMOファミリーの一員で、
『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』『音楽殺人』といったよく聴いていたアルバムでギター弾いてた人!
という認識が先だったりしますが。
それにしても、カッコ良かった!

取材に次ぐ取材でお疲れだったと思うのですが、
少しもそんな様子が見えることなく、
私たちの質問に丁寧に答えてくださいました。

今回、取材スタッフは
編集=42歳
ライター=39歳
カメラ=44歳
というほぼ初老トリオだったのですが、
全員、終わってから、
ぽーっとして気が抜けました。。。

映画はロックとは全然関係ないお話ですが、
でも、ニューアルバムのレコーディングを一時ストップして撮影に参加されたという話で、見れば、でも、それも納得の作品だと思います。
あと、「セブンティーン」専属モデルの田中あさみちゃん(脚がチョー長かった!)の映画初出演作品でもあるので、
あさみちゃんファンの人も見逃せない作品でしょう。

なお、通常、サインポラを頂かないことの多い「匠」のページですが、
今回はお願いして頂きました!
「あ、うちのおとうさん(おかあさん)シーナ&ロケッツ好きとか言ってた」という読者の皆さん、8月号、必ず買ってもらってください(笑)。
(ニワトリQ)

|

« Audition7月号P38 お詫びと訂正 | トップページ | ダリアwith……! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44029/21528962

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎川誠さんにお会いしました:

« Audition7月号P38 お詫びと訂正 | トップページ | ダリアwith……! »