« 特技に酔いしれた日 | トップページ | こぼれ話 »

月刊Auditionは愉快な雑誌

先日、来年でデビュー20周年を迎える大槻ケンヂさんにインタビューをさせていただきました。

下のP.N きくちさんの日記とかぶりますが、私はオーケンの大ファンなので、取材日をかなり心待ちにしていました。

どのくらい心待ちにしていたかというと、インタビューが決まってからご飯があまり食べられなくなって、微妙に痩せたりとかです。

大槻さんは自らの体験を元に、そりゃあもう本気でAudition読者のためになるお言葉をたくさん述べてくれました。TVに出るということはどういうことなのか、オーディションを受けるということはどういうことなのか、このインタビューを読んでもう一度自分を見つめなおすのも悪くないと思います。

『月刊Audition』1月号に掲載されますので、オーケンファンのゴスロリ女子はもちろん、どなた様もお友達と奪い合いながらご覧くださいませ。

(ミポリン)

|

« 特技に酔いしれた日 | トップページ | こぼれ話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44029/4234615

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊Auditionは愉快な雑誌:

» 月間オーディション(Audition)という雑誌 [Shine! : Model Style +]
何気なく、本屋で見つけた雑誌ですが、 自分の才能を開花させていく女の子、女性たち。 その想いをサポートするいい雑誌ですね。 特集も面白いです。 たとえば、芸能界マンガを意識したのもこれを読んだからかな。 紹介しておきます。 ちなみに、最新12月号の内容は....... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 19時49分

« 特技に酔いしれた日 | トップページ | こぼれ話 »